診療時間

診療時間

 休診日 
毎週木曜日、第2.4日曜日、祝日、振替休日
 手術
9:00~18:00 ※予約制
 エステ・脱毛 
平日10:00~18:30、土曜日9:00~17:30 予約制
 初診受付 
診療時間終了の30分前まで

イントラジェン

RF(高周波)で新皮および新皮下に熱エネルギーを与えコラーゲンを生成させる皮膚再生治療


イントラジェンGFR

イントラジェンGFR

Intragen GFR
高周派(RF)治療機

イントラジェンの特徴

メスを使用しない最新のたるみ治療で、RF(高周波)の引き締め治療機として実績のあるサーマクールの後発機です。
照射面を格子状にして照射する新しい技術GFR(Grid Fractional Radio frequency)を用います。


治療目的

顔、首のたるみ、皮膚の引き締め、毛穴、小じわ、リフトアップ

RF(高周波)が皮膚温を上げ繊維芽細胞を刺激してコラーゲンの増生を強力に促します。


サーマクールとの比較

①疼痛対策(痛みがほとんどない)

①疼痛対策

RF(高周波)による引き締め治療は基本的に痛みが強いので、サーマクールには疼痛対策用にチップの先端に振動装置と冷却装置がついています。イントラジェンにはこれらの装置はついていません。しかし、GFRという格子状の照射によって皮膚表面の熱上昇を抑えるので、真皮内に効果的な熱影響を加えても痛みが少ない治療が可能です。

当院ではクーリングエアーを用いて痛みを感じる皮膚表面を冷却しながら照射することで深部の熱効果を落とすことなく、より高出力な治療を安全に行っています。


②治療に使用するチップの制限がない(自由に設定が可能)

サーマクールには、高周波が出る尖端のチップにショット数や出力に制限があり、あらかじめメーカーの設定した条件でしか治療ができませんが、イントラジェンは自由に設定ができるため、様々な皮膚の状態に合わせた治療が可能です。

③GFR(Grid Fractional Radio frequency)効果

照射面を格子状にして照射するイントラジェン独自の新しい技術です。
表皮に照射される面積を最小限にして皮膚の表面のダメージを最小限に抑えながら真皮にしっかりと熱影響を与えることが可能です。
その熱影響によってコラーゲンの生成をし、しわ、たるみ、皮膚の張りの改善、リフトアップ、小顔効果を促します。 また、マルチパルス方式の採用により、大量のエネルギーを数回に分けながら皮膚に伝えるため、さらに少ないダメージで効率的な治療が可能です。
③GFR(Grid Fractional Radio frequency)効果

④治療費が安い

サーマクールの後発品のため、機械本体のコストが安いです。治療に使用するチップのショット数に制限がないので、高価なチップを1回毎に替える必要がありません。以上の理由で同じ効果の治療で治療費を抑えられます。ある程度の繰り返しによってより効果を上げることのできる治療ですので、1回毎の治療費は低く抑えていくことも大切です。


治療の流れ

カウンセリング(予約不要

皮膚の状態をチェックして治療内容を説明します。
予約制のため施術ご希望の方は予約をとって帰っていただきます。

当日

Step.1

洗顔

Step.2

悩みに応じたカウンセリングとマーキングなどのデザイン

Step.3

高周波の流れを良くするため専用のオイルを薄く塗ります。

Step.4 

クーリングエアーを用いて皮膚を冷却しながら高周波を照射していきます。
およそ片側20~30分です。

治療後のケア

治療によるダウンタイムはありません。
お化粧、洗顔は通常通り当日より可能です。


治療の経過

治療後、赤みなどが残ることはありません。
もし出ても数日で治まります。
治療直後から、コラーゲンが収縮し、皮膚が引き締まります。


効果の持続

1~2週間継続し、その後熱影響でダメージを受けた真皮層の自然治癒力により、繊維芽細胞の働きが活発になり、3ヶ月をピークに新しいコラーゲンが再生されて皮膚の張りが出てきます。
3ヶ月から半年に一度、3回程度治療を受けるとしっかりした効果が得られます。


料金(税別)

400ショット 80,000円
600ショット 100,000円
900ショット 130,000円


よくある質問

Q1. 治療の痛みは?

A1. クーリングエアーを使用して治療面を冷却しますので、痛みはほとんどありません。

Q2. ヒアルロン酸などの注入治療を受けていても受けられますか?

A2. 通常は問題ありません。注入と施術の間隔については、医師にご相談ください。

Q3. 日焼けをしていても治療できますか?

A3. 基本的にRF(高周波)治療は皮膚の色には影響されませんので治療できます。ただ、日焼けした直後など皮膚にダメージが残っている状態での治療はお勧めできません。

Q4. テノール42℃とどう違うのですか?

A4. イントラジェンは皮膚の深い部分に対する効果が強く、引き上げる力がテノールに比べて強くなります。

Q5. ジェントルヤグとの違いは?

A5. ジェントルヤグはレーザーなので、皮膚真皮の比較的浅いレベルの引き締め効果が高くなります。
毛穴、小じわなどはジェントルヤグが得意とし、顔全体の引き締めはイントラジェンが得意といった印象です。