診療時間

診療時間

 休診日 
毎週木曜日、第2.4日曜日、祝日、振替休日
 手術
9:00~18:00 ※予約制
 エステ・脱毛 
平日10:00~18:30、土曜日9:00~17:30 予約制
 初診受付 
診療時間終了の30分前まで

テノール42℃メソッド(フェイス)

高周波(RF)単独による皮膚若返り・引き締め・クマとり

テノール42℃メソッド(フェイス)

テノール42℃メソッド(フェイス)

ACCENT ULTRA V
高周波(RF)で評判の最新のテノールを搭載

テノール42℃

テノール42℃

アイロンをあてたようにシワを伸ばす新しい感覚
10年後いまよりもっとキレイと言われるために

治療効果

  • 顔、首のたるみ・皮膚の引き締め
    真皮層全体を刺激して、皮膚の浅い層から深部までの引き締めを行います。 

  • 目の下のクマ 顔のむくみ・毛穴・小じわ
    目の周囲の血流とリンパの流れを改善してクマを目立たなくします。
    日々の疲れからくる顔のむくみを改善してリフレッシュします。 
  • 皮膚の若返り
    皮膚の繊維芽細胞を活性化させて皮膚の潤いを高め、みずみずしく張りのあるお肌になります。 

  • 首こり・肩こり
    血流とリンパの流れを改善して首こり、肩こりを和らげます。 

  • ボディラインの引き締め
    たるんだ皮膚を引き締めていつまでも若いボディラインを保ちます。
    施術目的によって3種類のハンドピースを使い分けます。
    モノポーラ高周波(RF)で真皮から脂肪層の深い層を加熱、バイポーラ高周波(RF)で比較的浅い層を加熱して様々な悩みに対応します。


施術目的によって3種類のハンドピースを使い分けます。
モノポーラ高周波(RF)で真皮から脂肪層の深い層を加熱、バイポーラ高周波(RF)で比較的浅い層を加熱して様々な悩みに対応します。

高周波ハンドピース
モノポーラユニフェイス

高周波ハンドピース
モノポーラユニボディー

高周波ハンドピース
バイポーラプロフェイス

テノール・42℃メソッドの特徴

40.68MHzという圧倒的に高い周波数の高周波(RF)で皮膚温を42℃に上昇させてコラーゲンを増生させます。
ほんのり暖かく感じる程度で痛みは全くありません。
ローラー付きのハンドピースによるマッサージ効果で血液とリンパの流れを改善します。
バイポーラハンドピースでさらに皮膚表面の張りを高めます。
心地よいリラックスした施術によって気分のリフレッシュができます。
持続的な脂肪の燃焼と皮膚再生を促します。
シワがよらないように定期的にあてるアイロンのような感覚。

高周波(RF)

高周波(RF)

テノールで定評のあるRFアロマウェイブテクノロジー
40.68MHzという圧倒的に高い周波数の高周波(RF)は、他の高周波治療器と比べて皮膚表面に大きな熱を発生することなく深部を効率的に加熱して脂肪燃焼を促進させます。
新機種では加熱深度を3段階に調節可能で、体型や治療部位に合わせた加熱が可能です。
RF照射と同時に皮膚表面を冷却しますのでより安全な治療ができます。

治療の流れ

カウンセリング(予約不要

医師が皮膚の状態をチェックして治療内容について説明します。
予約制のため施術ご希望の方は予約をとって帰っていただきます。

当日

Step.1

カウンセリング 
エステティシャンがお肌の状態、健康状態などをお聞きして施術部位を確認します。

Step.2

施術 
テノール42℃メソッド施術
高周波(RF)照射と同時にローラーによるマッサージを行います

治療後のケア

治療後は特別なケアは不要です。
洗顔、入浴は通常通り可能です。


治療の経過

皮膚、脂肪層の血液とリンパの流れがよくなり皮膚のたるみやくすみなどが徐々に改善していきます。


効果の持続

すぐに結果を出す治療ではありませんが、定期的に回数を重ねる事によって、10年後に今よりきれいなお肌を目指す治療です。
みずみずしさと張りのある皮膚本来の若々しさを保つことができます。


料金

テノール42℃メソッド

1回~5回
(1回毎)
6回目以降
フェイス 20,000 15,000

(税 別)


よくある質問

Q1. 痛いですか?

A1. 全く痛みはありません。

Q2. ダウンタイムは?

A2. 治療によるダウンタイムは一切ありません。

Q3. 何回治療が必要ですか?

A3. 繰り返すことで皮膚の若返りが起きてきます。2~3週間に一度の治療を定期的に続けられるとよいでしょう。

Q4. 治療時間はどのくらいですか?

A4. 顔全体で45分程度です。

Q5. 日焼けをしていても治療できますか?

A5. 基本的に超音波、RF(高周波)治療は皮膚の色には影響されませんので治療できます。ただ、皮膚にダメージが残っている状態での治療はお勧めできません。

Q6. 施術後にヒアルロン酸などの注入治療を受けられますか?

A6. 同じ日の治療はお勧めできません。医師にご相談ください。