ボトックス治療

ボトックス治療

ボツリヌス製剤とは

ボツリヌス菌が産制するA型ボツリヌストキシンを有効成分とする筋弛緩作用のある注射剤です。 神経伝達物質アセチルコリンの働きを阻害して筋肉の動きを抑制する作用があります。美容治療では顔の表情を作る筋肉の動きを抑えることで表情によるシワの治療や、あごの筋肉を小さくする小顔治療などに幅広く用いられています。

当院で使用しているボツリヌス製剤

ALLERGAN社製ボツリヌス製剤 ボトックス ボトックスビスタ
ALLERGAN社製ボツリヌス製剤

日本国内で唯一眉間のしわに対して厚生労働省の承認を取得しているボツリヌス製剤です。
他の製剤に比べて抗体を作りにくいので治療を続けることで効果が弱くなることが少ないといわれています。
ボトックスはアラガン社のボツリヌストキシン製剤にのみ使用出来る商標登録名称で、他社のボツリヌストキシン製剤にはボトックスの名称は使用できません。

当院の形成外科専門医2名はアラガン社の講習セミナー受講修了を受けています。

効果の持続

治療後1〜2週間で効果が安定します。個人差がありますが、3〜4ヶ月持続した後徐々に薄れていき6〜9ヶ月で元に戻ります。

適応

しわの治療

表情によってできるしわの治療に適しています。

おでこのしわ
眉間のシワ
目じりのしわ

実際の注射例
実際の注射例

気になるしわの部分に0.1〜0.2ccのボトックスを数ヵ所非常に細い針で注射します。

おでこ

  • 治療前

    治療前

  • 治療後

    治療後

眉間

  • 治療前

    治療前

  • 治療後

    治療後

小顔

あごの筋肉のボリュームを減少させて小顔にします。
筋肉が出っ張ってあごが張って見える方に適しています。
骨が出ている方には適しません。

実際の注射例
実際の注射例

あごの角の部分に合計50〜60単位のボトックスを注射します。

  • 治療前

    治療前

  • 治療後

    治療後

治療の流れ

Step.1
カウンセリング
しわ・たるみの状態に適したボトックスの注射部位と量を説明します。
Step.2
麻酔
洗顔後、痛みの弱い方は麻酔クリームを塗ります。(約60分)
Step.3
施術
ベッドに横になった状態で注射を行います。

治療後のケア

洗顔、お化粧は治療後10分程度でできます。消毒などの特殊な処置は不要です。

治療を受けるにあたっての注意点

全身の筋肉の麻痺が起こる神経疾患などがあると治療できません。出血しやすい病気や、血液をサラサラにする薬を服用中の方は皮下出血を起こしやすくなります。妊娠中の場合も治療できません。治療中の病気がある場合は医師にご相談ください。

治療により皮膚に現れる症状

  • 針穴の赤み
    通常2〜3日で目立たなくなります。1週間程度続くこともあります。
  • 内出血
    内出血による青い跡や腫れが生じることがありますが、2〜3週間で消えていきます。
  • 凹凸・しこり
    治療直後に皮膚の表面に注射による小さな凹凸を感じることがありますがすぐなじんで消えていきます。

アレルギー

基本的にアレルギーはほとんどありません。もし症状が現れた場合は医師にご相談ください。

料金(税別)

50,000円
眉間 30,000円
目尻(片側) 30,000円
小顔(エラ) 80,000円

よくある質問

Q1. ボトックスで中毒症状が出ることはありませんか?
A1. 医療用に安全性を確認した製剤ですので、危険性はありません。
Q2. 注射は痛いですか?
A2. 針は30Gの細い針を用いますので、針刺しの痛みはわずかです。ご希望の方は、さらに細い33Gの極細針(¥1,000 税抜)を使用します。また、麻酔クリームによる表面麻酔(¥2,000 税抜)を使用するとさらに痛みは楽になります。
Q3. 治療後腫れますか?
A3. 注射液の軽い腫れが生じますが、すぐ引きます。
Q4. 顔の表情がおかしくなりませんか?
A4. 筋肉の動きが少なくなりますので眉が下がるなどの症状が出ることがあります。
当院では、初回に生え際に慎重に注射して2週間後に無料で追加するようにしていますので、安全に治療を受けていただけます。その他の部位の治療ではほとんど心配ありません。
Q5. 受けられない人はいますか?
A5. 全身の筋肉の麻痺が起こる神経疾患がある方や、妊娠中は治療できません。治療中の病気がある場合は医師にご相談ください。
Q6. 顔のどこのしわにでも効果がありますか?
A6. 最も効果の高い部位は、額、眉間、目尻です。法令線やマリオットラインなど深いしわにはヒアルロン酸や自己多血小板血漿(PRP)を使用します。
Q7. エラが張っていても小顔になりますか?
A7. 筋肉が張っているタイプには効果があります。
Q8. ヒアルロン酸とボトックス治療のどちらが適しているかわかりません。
A8. しわの形、部位、程度によって異なりますので医師にご相談ください。
Q9. 何回もしていると効果が劣ってきますか?
A9. ヒアルロン酸は何回でも治療できます。
ボトックスは体内に抗体をつくり、効果が出にくくなることがあります。
当院で使用しているボトックスビスタは抗体を最もつくりにくいボトックス製剤です。

お問合せ